FC2ブログ

つくばARTクリニックの最新情報

12月16日(日) 開催「不妊に関する市民公開講座」

201811-002.jpg

平成30年12月16日(日)、茨城県産婦人科医会では、つくば市のつくば国際会議場にて「不妊に関する市民公開講座」を開催します。

同講座は、対象を問わずどなたでもご入場が可能で、参加費は「無料」となっておりますので、現在不妊治療を行なっている方や治療を検討中の方は、ぜひお気軽にお越しくださいませ。

今回のメインテーマは「不妊治療 〜心と身体の管理〜」です。開催時間や詳しいプログラムなどの詳細は、当院の本院である、小塙医院のホームページよりご確認をお願いいたします。

ブライダルチェックを行っています。

ブライダルチェック(妊娠前検査)

当院でのブライダルチェックは、今後妊娠を考えるすべての女性を対象に、現在の健康状態のチェックをします。妊娠していない時には問題にならないことが、妊娠経過に影響することがあります。例えば、体重、血圧、血糖値、甲状腺機能などは、妊娠する前から整えておくことが重要です。また、風疹、麻疹、水痘の免疫が無い場合には、妊娠前に予防接種をしておくことが推奨されています。
そこで、妊娠する前の検査として以下の項目を行っています。それぞれの目的や対応などを理解してから検査することが重要ですので、最初に医師によるガイダンス(カウンセリング)を行っています。基本プランにオプション検査をご希望で追加することもできます。
                                     
≪健診(ブライダルチェック)の流れ≫
1. 電話予約📞
2. 医師によるガイダンス:火曜日、木曜日14時から 15~30分程度
3. 検査:血圧等の測定、採血💉、検尿
4. 医師による結果の説明:翌週以降の火曜日、木曜日14時から 15~30分程度

≪検査項目≫ 詳しくはクリニックにお問い合わせください。
・基本検査
計測項目:肥満度 (BMI)、血圧
血液検査・検尿:貧血、鉄代謝、凝固能、肝機能、腎機能、脂質代謝、糖代謝、甲状腺機能、
梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア抗体、尿糖、尿タンパク
麻疹、風疹、水痘、ムンプス
・選択検査
内診:子宮頸がん検査、経腟超音波検査
血液検査:抗ミュラー管ホルモン、HIV

≪料金≫ 詳しくはクリニックにお問い合わせください。
基本検査料30,000円※(医師によるガイダンス、結果説明を含む)
追加検査 基本検査料に希望の項目の料金が加算されます。

≪ご注意いただくこと≫
医師によるガイダンスを受けずに、検査のみを受けることはできません。
ガイダンスの結果、検査を受けないことになっても、診察料5,000円が発生します。
  
男性 20,000円(税抜)
※上記検査はすべて自費となります
※別途、初診料(自費)がかかります。

オプション検査(男性)
精液検査、ホルモン検査

基本の検査項目はセットになっておりますが、ご希望がございましたら個々の検査を省くこともできますのでお申し出ください。

ERA検査を行っています。

ERA検査(子宮内膜着床能検査)について
<ERA検査とは>
反復性着床障害(良好な胚を3回以上移植しても妊娠に至らない場合)の原因として子宮内膜の【着床ウィンドウ】が一致していないという報告が2014年にスペインのIVI Valenciaという施設から発信されました。つまり子宮内膜に受精卵が着床できる時間や時期は個人差があり、適切な時期に移植することにより妊娠が可能になるのではないかというものです。
当院ではERA検査をすることにより各患者様における【着床ウィンドウ】の結果から移植の時期を判断するために実施しております。ERA検査を受けられた方の30%近くが【着床ウィンドウ】の時期がずれていたという結果が分かってきております。

<検査対象>
反復性胚着床障害(良好な胚を3回以上移植しても妊娠に至らない)の患者様

<検査方法>
ホルモン補充周期の場合は黄体ホルモンの投与開始日を0日とし、5日目に子宮内膜を採取します。自然周期の場合は排卵日から5日目(LHサージまたはhCG投与から7日目)に子宮内膜を採取します。この検査周期での移植は行いません。
こちらはあくまで例であり、患者様と当院医師による最適な周期において子宮内膜採取を行っております。また子宮内膜を採取する際に出血、痛み等を伴う場合もございます。事前に医師より十分な説明を受けてからの検査をお勧めいたします。

<検査のリスク>
頻度は稀ですがERA検査を実施されるにあたり、考えられるリスクとして出血、子宮内感染、子宮穿孔等がございます。
またこの検査は現在スペインに検体を国際輸送し検査・解析しております。輸送中の事故等による検体の破損・もしくは逸失につきましては、その理由を問わず当院では一切の責任を負えないことをご了承ください。

<結果について>
ERA検査の結果が出るには2~3週間ほどを要します。検査結果によっては再検査が必要になる場合もございます。

<料金>
当院で治療中の患者様 145,000円(税抜)
他院で治療中の患者様 245,000円(税抜)

検査をご希望の患者様は医師または看護師にお申し出ください。

子宮内フローラ検査を行っています。

子宮内フローラ検査について
<子宮内フローラ検査とは>
子宮内はこれまで無菌だと考えられていましたが、2015年に米国ラトガース大学の研究者らが子宮内にも善玉菌が存在することを発見しました。2016年に米国スタンフォード大学のサイモン博士らが、子宮内フローラに乱れが生じると体外受精の結果が悪くなることを発見しました。子宮内フローラが乱れ雑菌が増えると、子宮内膜で免疫が活性化し、受精胚を異物として攻撃してしまう可能性が指摘されています。これまでの菌の検査では、染色できない菌や培養が難しい菌を検出することは困難でした。本検査では分泌物に含まれる全ての菌のDNA配列を短時間で調べることが可能となります。
<検査対象>
反復性胚着床障害(良好な胚を3回以上移植しても妊娠に至らない)の患者様
<検査方法>
子宮体癌検査用の細胞採取器具を用いて子宮内膜液を採取します。子宮内膜を採取する際に出血、痛み等を伴う場合もございます。事前に医師より十分な説明を受けてからの検査をお勧めいたします。
<検査の合併症>
頻度は稀ですが検査を実施されるにあたり、考えられるリスクとして出血、子宮内感染、子宮穿孔等がございます。

<結果について>
結果が出るまでに2~3週間ほどを要します。検査結果によっては再検査が必要になる場合もございます。

<検査の留意点>
本検査を受ける臨床的意義はまた十分に確率されていないため、あくまで臨床研究という位置付けとなります。患者様のデータを本検査の研究データとして使用させて頂く場合がございます。予めご了承ください。

<料金>
50,000円(税抜)

検査をご希望の患者様は、医師または看護師までお申し出ください。

クレジットカードでの支払い

当院では、30年10月1日(月)から、クレジットカード決済によるお支払いが可能になりました。
ただし、自費診療のみ利用可能とさせて頂きます。
支払い者ご本人様のカードであること、ICチップが付いているカードであることが必須です。
また、暗証番号による確認のみとし、サインでの確認はお取り扱いできませんので、ご了承ください。

不妊治療(婦人科)・男性不妊(泌尿器科)・体外受精のことなど、お気軽にご相談ください。【TEL】029-863-6111【受付時間】9:00-12:00,14:30-16:30【休診】水曜、日曜、祝祭日